« ソーシャルゲームに見られる「あなた(プレイヤー)が好き」というキャラが多い | トップページ | はてブロ移行のお知らせ »

2017年1月22日 (日)

創作における脱力

よく、あれを作りたい、これを作りたいと思ってスケジュール組んだり時間を決めて創作活動を行った。

けれど、気負いすぎによる空回り(思考、環境によるエネルギーの消耗)が度々発生する。

気負って作業できれば良いが、そうでないときは「脱力」を意識する。

脱力とは、肩の力を抜き、難しい理論や思考を作らず作業に取り掛かることである。

思考の原点は音ゲーにおける脱力である。音ゲーの脱力は中上級者から、上級以上になるために必須の「技術」である。運指の意識や思考を続けながら自分のギリギリの難易度に挑戦するとクリアできなくなる。それはリソースが思考に行っており、また、考えることにより筋肉が硬直し複雑な縦連、トリル、デニムが取れなくなる。それを回避するために脱力が必要なのである。

創作活動中でも同じような経験がある。ギリギリの難易度の質を求めて肩に力が入ると上手く作れない。翌日に回すと脱力が発生し、すんなり行くことがある。それを意識的に行うという技術を習得したい、というものだ。

が、これはおよそ上級以上に必要な技術であり、現在、肩に力が入るとうまくいかない、必要以上に考えながら創作する、という手続き的知識から来ている。そのため、上手く創作活動できない、という経験が無いと脱力の習得ができない。人に教えるにはとても難しい技術である。

そもそも、上級とはどの基準を以て指すのかというのも個人の判断に委ねられる。
ここでは、肩に力が入り上手く創作活動できない経験を持つ人と定義することにする。

結論として、脱力意識は常に持っておくと精神的に創作活動できないという障壁を越える道筋ができるかもしれないということである。

|

« ソーシャルゲームに見られる「あなた(プレイヤー)が好き」というキャラが多い | トップページ | はてブロ移行のお知らせ »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582828/64796923

この記事へのトラックバック一覧です: 創作における脱力:

« ソーシャルゲームに見られる「あなた(プレイヤー)が好き」というキャラが多い | トップページ | はてブロ移行のお知らせ »