« 「無知」と「無能」の違い | トップページ | Forgive An Angel 和訳 »

2016年8月17日 (水)

モノが多いとジリ貧

 数日前にAT限定で運転免許を取得しました。
その際に2週間ほど、他県で合宿教習をしてたんですが、当然自宅ではないので部屋の装備が最低限しかなく、本やその他もろもろのアイテムなんて全くない状態です。

けれど今思うと、そちらの方が作業に集中できていた感想が湧いています。色々理由が考えられるので列挙して、残しておきたいです。

1、限られた期間での作業ノルマ
2、何もない環境により誘惑が少なかった
3、作業ノルマの単一化

1としては、“2週間という限られた期間で、試験3回(本免学科試験は卒業後)のクリア”という分かりやすいノルマがありました。授業を受けつつ学科試験などで受かるように部屋に戻ってからも勉強をしました。

2では、PCを持っていきましたがCorei3の11.6型ノートでした。備え付けのはもっとスペックの低いものでした。このようなPCではできることは限られているため、あまり積極的にノートPCを付けたいと思いませんでした。また、周りには見渡す限り田んぼ。遊びに行く場所もなく、一人で合宿教習に行ったため知り合って日の浅い知り合いしか居ないので、積極的に喋りたいと(性格的にも相まって)思いませんでした。

3ですが、“免許取得のための勉強作業”のみという状態でしたので、他に気を向けることが無く脳のスイッチを切り替える手間が省けたために作業に着手しやすかったです。

そして帰宅し、住所のある県で学科を受け、受かりました。

その後私は“作業ノルマが見えない”、“誘惑が段違いで多い自室で”、“いくつもの作業を平行して進める”という、進捗が進まない典型例に陥っています。

作業ノルマとしては終わらせてもすぐ次が来る。いうなれば終わりがない。研究。自主学習。
ハイエンドPC、4枚ディスプレイ、各種ビデオゲーム、寝慣れたベッド、乱雑に並んでいる小物類、各種書籍、狭い部屋。(狭い部屋は誘惑というより苦痛)。
作業ノルマは研究、画力の向上、プログラミング力の向上という平行させざるを得ない組み合わせられないもの。

改善点も見つかっている、改善方法もあらかた思いついている。という状況で、ただの愚痴になっている状況下ですが残しておきたかったので書いた次第です。

問題点が多く、不安が募りすぎて逃避スイッチが入ってしまっている状態です。
打開するためには、プロクラスティネーター的回路から脱却することにあります。
言うだけは気楽でいいですが。実際に行動に移そうとなるとなかなか脳の切り替えが必要です。
あといくつか解決方法のアプローチはありますがこの辺で。

|

« 「無知」と「無能」の違い | トップページ | Forgive An Angel 和訳 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582828/64071937

この記事へのトラックバック一覧です: モノが多いとジリ貧:

« 「無知」と「無能」の違い | トップページ | Forgive An Angel 和訳 »